スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
ヤトF1にも謎ナンバー
おはよう更新、JMS。
今日はヤトミンのF1をご紹介。
a61601.jpg


単純にシルバーとホワイトのカラバリにしか見えないこの2台。
知ってる人もいるかと思いますが、ちょいと謎が隠されてるんですよねぇ。
まずはシルバーのゼッケン7。
ノーズに"brabham"のロゴ入りとは「あっぱれ!!」
版権?そんなもん知らん状態かしら(笑)
a61602.jpg

yatming/ヤトミン No.1306
Brabham BT44
MADE IN CHINA

a61603.jpg

ポリスティルのコピーと思われるキャスト。
ヤトミンの50Pセットに入っていたキャストで、ドライバーなしの中国製の新しめのバリエーション。


そして白のゼッケン9。
a61604.jpg

ドライバー付きのタイ製で、シルバーより前の世代のキャストだと思ふ。
いつしか、どこかでサルベージ(早い話が忘れたんですよ・・・・・)
推測ですがヤトミンF1はホンコン→タイ→中国の順で新しくなってると思う。

さて、謎なのはコチラ。
a61605.jpg

お気づきでしょうか?
プロダクションナンバーが1309になってるのよ・・・・
車名が完全に消されてなくて『44』だけ残ってるのが可笑しいねぇ♪
yatming/ヤトミン No.1309
Brabham BT44
MADE IN THAILAND

ヤトミンは同一キャストでナンバー違いは、ドア開閉の有無で存在します。
しかーし、カラバリでは同じモデルナンバーでリリースしてるのが基本。

何故このブラバムだけ違うナンバーが振られているのか解りましぇ~ん。
はてさて、どのような意図があったのでしょうか?
真相は闇の中・・・・

コレもヤトミンの七不思議?


別窓 | yatming/ヤトミン | コメント:0 | トラックバック:0
200706160826
<<そろそろ流れを作っておこう | Junk Minicar Salvage | 「バリバリ」バリアント!!>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| Junk Minicar Salvage |

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

copyright © 2006 Junk Minicar Salvage all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。