スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
いやぁ、凄いよコレ
おはこんにちは更新、JMS。
昨日の熱輪でテンション下がってると思ってるでしょ?
いえいえ下がってるどころか、『アゲアゲ』なワタクシで~す。

『アゲアゲ』な理由は簡単、GOODなミニカー達が入手出来たからに決まってますがなぁ。
色々『アゲアゲ』な子たちが居るのですが、今日はこのOLDなFORDをご紹介。
08030901.jpg

CASTLINE/M2 MACHINES AUTO-THENTICS
1951 Ford Crestliner
MADE IN CHINA

今年、突如現れたCASTLINE社のM2 MACHINES AUTO-THENTICSというブランド(でイイよね?)
1/64スケールのコレクティブルで、50年代アメ車オンリーのラインナップです。

(3/11 訂正)
某氏のタレコミにより、リンク先はミニカーショップだとか・・・・
でもメーカーサイト http://www.m2machines.com/  は準備チュなので、プラトニックなリンク貼っておきます。
メーカーサイトはコチラ→ ttp://www.1stopdiecast.com/08CastLine/castlinemain.htm
全く持って『変態チック』な超マニアックな車種選択(笑)
その中からお試し感覚でクレストライナーをチョイス。
アメ車が充実してるジョニーでも、ラインナップされて無い車種だと思う。
MCCHで存在を知り、気になっていたミニカーでした。
ワタクシ米国車は好きですが、正直ここいらまで古いとメジャーな車種しか知らなかったり・・・・
「実車はどんなのだったべか?」とググってみたら、コレと同じ様なカラーがあったんで、URLをハリコしときますネ。
http://rides.webshots.com/photo/2664782980010957762AuRVgL
いやぁ~見事な再現度で満足・満足。
良く出来たキャストですよ、コレ。
塗装も当時チックな微妙な艶で、計算済でやってるなら凄杉。

最近の流行なのかしら?スケールモデルなのに、開閉ギミックも付いてたりスルー。
08030902.jpg

非常に精度の良い造りで、各パーツのチリもバッチリです。
グリーンライトも精度が高かったけど、M2マシーンも負けず劣らず。
開閉のスムースさで言えば、勝ってると思う。

勿論、エンジンルームも再現してマスオさん。
OLDなV8エンジンが鎮座、インナーフェンダーもプラ製の別パーツ。
08030903.jpg

ヘッドライトはクリアパーツだし、メッキのバンパー&グリルパーツはグリル部分に黒塗装が施されてます。

テール廻りだってバッチグー(死語)
08030904.jpg

エンブレム類のタンポも細かいし、マフラーも穴が開いてる様に造型してる。
テールレンズは塗りだけど違和感ナシでしょ?

ディスプレイ台もイカしてるんだよね~
08030905.jpg

アルミの縞板風の床がカッチョイイ。
ドアを開けたまま固定できる様にアタッチメントが付属。
造型に自信を持ってるのか、原型製作時の写真がブリスターに同梱。

予想以上に良いです、M2マシーン。
個人的にグリーンライトと並んで、要注目メーカー
アメ車だけで無く、欧州車の古いヤツとか出さないかぁ。
このメーカーのテイストだと欧州車も良い感じで造れそうだけど。

日本でもレトロ車のモデル化が盛ん(TLVやTLV-NEO)で人気だけど、米国でも同じ傾向なんでしょうかね。
世界的に『三丁目の夕日』状態?
別窓 | M2 MACHINES | コメント:0 | トラックバック:0
200803091132
<<春色のセブンと更新情報 | Junk Minicar Salvage | いやぁ、まいったネ・・・・・>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| Junk Minicar Salvage |

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

copyright © 2006 Junk Minicar Salvage all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。