スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
香港産のヤトカブトムシ
おはよう更新、JMS。
気が付けば8月なのですね~

世のお子様達は夏休み真っ最中。
ワタクシ達が子供の頃、夏休みの宿題の定番だったのが『昆虫採集』。
中でも王様はカブトムシ。
当時、北の国にはカブトムシは自生してなかった(現在は野生化して自生してる)ので、コレを標本にして持ってきたのはお金持ちの子(笑)

クルマでカブトムシといえばVWのタイプⅠ、通称ビートルだよネ。
ジャンクながら香港製ヤトビートルをサルしてたので、ご紹介。

08080301.jpg
yatming/ヤトミン No.1009
Volkswagen TypeⅠ Beetle
MADE IN HONGKONG
これまで入手したヤトビートルは、全てタイ製。
香港製ではヘッドライトがクリアパーツになっているので、印象が全然違う。
08080302.jpg
ちなみにヘッドライトはウインドパーツの延長。
内装も、香港製ではお約束のハンドル別パーツ仕様。

細かいところも色々違っていて、見比べてると面白い。
こういうのがCHINA系ミニカーの面白さだよねぇ♪

例えばボンネット近辺。
左 香港製 右 タイ製
08080303.jpg  08080304.jpg
香港製にはVWエンブレムがありますが、タイ製では消滅。
ルーバーのモールドも、タイ製は彫り直されてるっぽい。
再生産を重ねると簡素化されていくCHINA系ミニカーの良い見本。

リア回りにも同様の違いがあったり。
08080305.jpg  08080306.jpg
ちょいと見難いのですが、ホンコンさんにはVW1300のエンブレムが蟻マウス。

勿論シャーシも違ってたりたり。
08080307.jpg
・・・・・・・・・ん、ホンコンさんのシャーシ、似てるシャーシを見たことあるぞ・・・・
明日に続く。



別窓 | yatming/ヤトミン | コメント:2 | トラックバック:0
200808030947
<<ヤトカブトムシは英国がルーツ? | Junk Minicar Salvage | ありゃ、今日だったのね>>
この記事のコメント
 
200908030403
HIRO620さん、こんばんは。
以前ビートルネタを書いたときは、
ここまで辿り着けなくてすみませんでした。

週末に、紫の他に緑メタも入手したので、
改めて拝見しました。
タイ製でエンブレムが消えたのは、
やはり車名刻印が無くなったのと関連があるのでしょうね。

紫と緑メタのビートルを比較して気が付いたのですが、
6SPLホイールって厳密には2種類存在するのですね。
6SPLはトミカで言えば鉄道車輪ホイールに該当しそうですが、
その鉄道車輪の凸部分が細い方が6スポークが巨大で、
太い方が6スポークが中くらいに見えます。
・・・ヤトクオリティで充分ですね(笑)
2009-08-03 Mon | URL | ごっとん #-[ 内容変更]

 
『6SPL』実は気になっていたり(笑)
200908031123
コチラにもコメありがとうございます~

>紫の他に緑メタも入手
アチラの日記を拝見しましたよん。
ウチの香港さんより程度良しですね!!

数が集まりだしてからの感想ですが、初期香港製にはソリッドなカラーとメタリックカラーの2種類以上がカラバリである事が多いです。
香港メタリックは何ともいえない色調で、レトロ感タップリです。

>6SPLホイールって厳密には2種類存在
コレも数が集まってから気になっていたんです(笑)
現在、ギャラリーとして新ヤトマニアを作成中。
旧ヤトマニアはシステム本部長退社の為(爆死)、鯖のパスが解らなくなっちゃいましたとさ・・・・

以前のはケータイからだと見難いので、今回がケータイ対応のブログを利用して四苦八苦ちゅ。
ある程度出来上がったらURL公開しますねん。

新ヤトマニアでは、この2種類の『6SPL』を分類するつもりです~
2009-08-03 Mon | URL | HIRO620 #41Me5.sg[ 内容変更]

COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| Junk Minicar Salvage |

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

copyright © 2006 Junk Minicar Salvage all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。